EW-DT51とEW-DP53の違いを比較!口コミや価格もご紹介【パナソニック電動歯ブラシドルツ最新】

家電

EW-DT51とEW-DP53の違いを比較!口コミや価格もご紹介ということで、パナソニックの電動歯ブラシドルツの最新情報をお伝えします。

電動歯ブラシといえばまず思い浮かぶのが「ドルツ」じゃないでしょうか?

そのパナソニックの電動歯ブラシドルツから、最新機種EW-DT51が2020年10月1日に発売されます。

Panasonicのドルツといえば、歯がツルツルになる、まるで歯医者さんで歯をクリーニングしてもらった後のような爽快感、日本人の口や歯のサイズにあっていて使いやすいと、以前から口コミのよい電動歯ブラシなんです。

 

とはいいつつも、電動歯ブラシドルツ「EW-DT51」は、普通の歯ブラシはもちろん電動歯ブラシの中でもちょっとお高め。

ですが、年を重ねても健康な歯を保つには毎日の丁寧な歯磨きは重要なので、しっかりとお金をかけるべきところだと思います。

 

現役歯科医の方のこんな助言もあります☟

 

しおり
しおり

歯医者に行って時間もお金もかけて治療に通うよりは、予防できるほうが断然いいですよね。

 

今回に記事では

 

  • ドルツ「EW-DT51」はどんな電動ハブラシなのか?
  • EW-DT51とEW-DP53の違いは?
  • 電動歯ブラシドルツ「EW-DT51」の価格はやドルツへの口コミ

 

についてお伝えします。

 

早速電動歯ブラシドルツ「EW-DT51」をチェック☟

 

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51とは?

パナソニック音波振動ハブラシドルツEW-DT51とは、2020年10月1日に発売される、パナソニックの最上級モデルの電動歯ブラシです。

しっかり磨けるのはもちろん、磨き方のサポートをしてくれたりステインのケアまでしてくれる、まるで自分専属の歯科衛生士さんがいるみたいなんです。

いまから電動歯ブラシを買うなら、このパナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51がおすすめです。

おすすめするポイントをこれからご紹介しますね。

 

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51の特徴

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51の特徴をご紹介します。

 

手磨きでは実現できない歯垢除去と磨き感を「W音波振動」で実現

電動歯ブラシなので、しっかり歯垢を落としてくれるのか、きれいに磨けるのかが一番気になるところですよね。

今回発売されるEW-DT51には歯科医師も推奨している「ヨコ磨き」を再現しています。

細かな音波のヨコ振動で歯周ポケットのなかの歯垢や原因菌をかき出してくれます。

そこにタタキ振動も加わったW音波振動で、歯間の汚れや歯垢もしっかりと除去してくれます。

 

ハブラシのヘッドや毛にキレイに磨き上げる工夫が!

専用のブラシにも歯垢を落としやすい工夫がされています。

細さ約0.02cmの極細毛先で歯周ポケットの汚れをかき出してくれます。

また、薄くて細いネックのコンパクトヘッドなので、奥歯の奥までしっかりハブラシが入っていきます。

さらに新しく登場するクリーン&ホワイトブラシを使えば、歯垢の除去だけでなくステインもこれ1本で除去してくれるので、着色が気になる方には便利なヘッドもありますよ。

 

磨き方をサポートしてくれる新機能が搭載

EW-DT51からBluetoothが搭載されたことで、お口の状態に合わせた磨き方をサポートしてくれる機能が加わりました。

これが今回発売のEW-DT51と今まで発売されてきた他の機種との大きな違いになります。

 

専用のアプリスマホにインストールすると、専門家監修の歯磨きレッスン動画を見ながら歯磨きができます。

それだけではなく、ハブラシを押し付けすぎているときは「押し付けすぎです」とリアルタイムで教えてくれたりもするんですよ。

 

またコースを作成することもできるんです。

問診でお口の中の状態を設定すると、歯茎の状態に合わせた歯磨きのカスタマイズコースを自動で作成してくれます。

定期的に問診を受けてケアをつつけていると、お口の中の状態にあったアドバイスもアプリがしてくれるんですよ。

ヘッド部分の交換時期もお知らせしてくれたり、歯磨きの習慣を記録してくれたりと、至れり尽くせりですね。

 

清潔&急速充電ができる充電スタンド

無接点で充電できるので充電器もいつも清潔に保つことができます。

急速充電できるので約1時間のフル充電することができますよ。

 

さらに2分の充電で約2分間(1っ回の歯磨き)磨くことができるクイックチャージ機能も搭載されているので、充電忘れで急な電池切れが起こっても対応できます。

 

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51のカラーバリエーションは?

今回発売されるドルツEW-DT51のカラーバリエーションはブラックのみです。

カラーバリエーションが今後増えると嬉しいですね。

ちなみにヘッド部分の色ですが本体と同じく黒になっています。

もちろん替えのヘッドのカラーバリエーションにも黒がありますので、ヘッドを交換してもカッコよく使えますよ。

 

替えのヘッドはこちら☟

 

また本体と同じブラックカラーで形態ケースも付いてきますので、お昼の歯磨きや出張・旅行中もいつもと同じく、しっかりとオーラルケアができますね。

 

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51とEW-DP53の違いを比較

EW-DT51は2020年10月に発売されるパナソニック音波振動ハブラシのなかで一番上級のモデルになっています。

またEW-DP53は2019年9月に発売された中では一番上級となっています。

この二つの違いについてご紹介していきます。

 

ドルツアプリを使えるBluetoothが搭載されているかどうか

今回発売されるEW-DT51と2019年 9月に発売された一つ前のモデルEW-DP53との違いが気になりますよね。

一番の大きな違いは、Bluetooth機能が搭載されているかどうかです。

今回発売されるEW-DT51にはBluetoothが搭載されているので「ドルツアプリ」での押し付けすぎていないかのチェックやカスタマイズコース機能が使えますが、EW-DP53はBluetooth機能が搭載されていないのでドルツアプリの機能は使えません。

 

搭載されているモードの違い

今回新しく発売されるEW-DT51には、歯茎を優しく磨けるセンシティブモードが搭載されていますが旧モデルのEW-DP53には搭載されていません。

一方でステインオフモードは、新商品EW-DT51には搭載されていませんが、旧モデルEW-DP53には搭載されています。

 

アタッチメントのラインナップに違いあり

ついてくる付属品の替えブラシのラインナップにも違いがあります。

歯茎をマッサージするシリコンブラシや2週間に一度の着色汚れの集中ケアができるステインオフアタッチメントは、今回発売されるEW-DT51にはついていませんが、一つ前のモデルEW-DP53にはついています。

また旧モデルのEW-DP53には「ステインオフブラシ」は新モデルEW-DT51にはついてきませんが、こちらはリニューアルされて「クリーン&ホワイトブラシ」にバージョンアップされました。

 

しおり
しおり

搭載モードとアタッチメントのラインナップの違いをみていると、新モデルのEW-DT51は磨く強さを細かく調整することで歯茎や歯自体を傷めずにきれいにすることに力が入っているモデルで、旧モデルのEW-DP53にはステインオフに力を入れている印象ですね。

 

カラーラインナップに違いあり

今回発売されるEW-DT51と旧モデルのEW-DP53ではカラーラインナップに違いがあります。

 

新モデルEW-DT51:ブラック

 

旧モデルEW-DP53:シルバー・青・ピンク

 

となっています。

 

海外での利用ができるかどうか

今回発売されるEW-DT51は国内のみで使える仕様となっています。

対して旧モデルのEW-DP53は海外でも使える仕様となっています。

 

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51とEW-DP53の価格は?

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51とEW-DP53の価格は

新モデル EW-DT51:40,480円 (税込)
旧モデル EW-DP53:27,097円(税込)※2020年8月現在の価格

その差は13,383円!!

 

しおり
しおり

結構お値段違いますね。
Bluetooth搭載&アプリで歯磨きの細かなアドバイスが受けられるかどうかの違いは大きいですもんね。

 

 

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51とEW-DP53の口コミは?

新モデルEW-DT51はまだ発売前なので口コミ情報はありませんが、旧モデルEW-DP53ともに「W音波振動」がついていてしっかり磨きあがるという点ではスペックは同じですので、EW-DP53の磨きあがりの口コミを中心にご紹介します。

パワフルな振動するので、磨き終わった後しっかりと歯垢が取れているのを実感できます。
磨きあがりがツルツルになるので気持ちい!最高!!
手磨きとの洗いあがりの差にビックリしています。
音は静かなのでそんなに気にならないです。
2泊3日の旅行に持って行ったが充電が持ちました。

新モデルEW-DT51と旧モデルEW-DP53との違いでステイン除去のヘッドやモードがついているかどうかの違いがありますが、ステインクリアについての口コミは…

ステインがつかないように早い段階でステインを取るのには使えますが、定着してしまったステインはなかなか落ちないものもあります。

という口コミがありました。

 

しおり
しおり

ステインが定着してしまわないようにするための予防には効果が出やすいですが、定着してしまったステインは歯科で落とす必要がありそうですね。

 

 

ドルツEW-DT51とEW-DP53のどっちを選べばいい?

新商品もきになるけれど、旧商品もお値段と機能のバランスを考えると気になりますよね。

どちらを選べばいいか迷った方への私のアドバイスですが…

 

☑ せっかく買うなら最新機能・最新モデルがいい
☑ 客観的なアドバイスを元にお口の中のケアをしたい
☑ お口の状態に合わせてカスタマイズした磨き方の提案を受けたい
☑ 力を入れて磨きがちなので優しく歯茎もお手入れしたい

⇒新モデルEW-DT51がおすすめ!

 

☑ コストパフォーマンスの高いお買い物が好き
☑ しっかり磨ける機能とお値段のバランスがいい製品が欲しい
☑ 家族で使い分けたいから本体色を選べる方がいい
☑ ステイン定着予防に力を入れたい

⇒旧モデルEW-DP53がおすすめ!

 

さいごにEW-DT51とEW-DP53のスペックの違いを比較表にしてまとめておきます。

細かな違いの確認や迷った時のお役に立てばうれしいです。

 

■EW-DT51とEW-DP53のスペック比較表

商品写真
価格 40,480円 (税込) 27,097円(税込)
型番 EW-DT51 EW-DP53
カラーラインナップ ブラック 青・ピンク・シルバー
ドルツアプリ Bluetooth®搭載
ブラシの押しつけ強さ検知
カスタマイズコース機能
専門家監修レッスン動画
タタキ磨き 約12,000ブラシストローク/分 約12,000ブラシストローク/分
ヨコ磨き 約31,000ブラシストローク/分 毎分約31,000ブラシストローク
Wクリーン
ノーマルモード
ソフトモード
センシティブ
Wガムケアモード
ステインオフモード
極細毛ブラシ(コンパクト)
極細毛ブラシ(ラージ)
クリーン&ホワイトブラシ
ステインオフブラシ
シリコンブラシ
ポイント磨きブラシ
携帯ケース
ブラシスタンド
パワーコントロール
コース/モード記憶機能 ○コース 〇モード
磨きポイント切替お知らせ
磨き時間お知らせタイマー
充電残量表示
充電催促機能
本体防水設計
海外・国内両用
海外両用AC100V~240V
充電時間 1時間充電 1時間充電
2分間クイックチャージ 2分間クイックチャージ
使用時間 約22日間(約90分) 約22日間(約90分)
Wクリーンモード・Wガムケアモード時:約11日間(約45分) Wクリーンモード・Wガムケアモード時:約11日間(約45分)
クイックチャージ時:約2分間 クイックチャージ時:約2分間
充電方式 無接点充電方式(Li-ion) 無接点充電方式(Li-ion)
寸法 約24.1×2.9×3.4cm  約高さ23.5×幅2.9×奥行3.5cm
質量 約115g 約110g

 

さいごに

パナソニック音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ドルツEW-DT51とEW-DP53の違い、価格、口コミについてお伝えしました。

電動歯ブラシなんて高価だし手が出にくいな…と思うかもしれませんが、しっかりとした予防をすることで将来の健康と医療費を守れます。

しっかりとお口の中のケアをしたいなら電動歯ブラシはおすすめですので、ぜひEW-DT51やEW-DP53をチェックしてみてくださいね。

 

楽天でのお買い物ポイントが2倍になる「楽天カード」はお持ちですか? 

楽天には次回のお買い物で使えるお得なポイントサービスがあります。

 

  • 楽天でのお買い物をカード払いにするだけでポイントが2倍
  • 楽天以外でのお買い物も100円ごとに1ポイント

 

貯まったポイントは楽天でのお買い物はもちろん、街の飲食店やショッピングセンターなどで使えますよ。(私も絶賛愛用中!!)

しかも今なら、新規入会で5000円相当分のポイントがもらえます!!

 

お得がいっぱいな楽天カード。

まだ持っていないなら、この機会に作ってみてくださいね!

 

\ 楽天カードの新規発行はこちら /

タイトルとURLをコピーしました